2022年06月01日

続き


また、母は洗顔が嫌いで
顔を洗わずに眉ズミだけを足していく
ディサービスでも入浴はするが
洗顔だけは拒否し続けていたので
洗顔は大袈裟ではなく半年に一度。




ですから、消えた眉ズミの上に
足して描いていくので、瞼全体が
茶色くなってしまうんです。




( ̄∀ ̄) 何かの悪い薬をやってるような人相




ところが、ここもアッサリクリア




ちゃーんと洗顔していると!




病院での長い待ち時間も
お喋りの後に退屈しないように
職員さんと院内散歩したそうです。




あら、ここが何科なんだねー。
ほー、ここがレントゲン室。と
スムーズに診察終えましたと。




( ´ ▽ ` ) さすがプロ!





病院の帰り道にここを曲がったら
ウチだから寄ってジュースでも
飲んでいかんかい?と






そして、何かひとつでも
お手伝いすると
ありがとう。ありがとう。と何度も
感謝を述べているそうです。





( ̄∀ ̄) ありえへん話し





そのうち化けの皮が剥がれるか
いいふりこきだからこいたまま
過ごせるかのどちらかです 笑笑






( ´ ▽ ` ) 52年間も共に過ごした母子





消費期限が2022年5月30日
だったのかも知れません☆*:.。.






福祉に携わる職員さんって
本当に尊敬します。





ウチの施設の職員さんも
利用者さんにいつも寄り添って
くれています。わたしから見たら
大変だなぁと思う利用者さんも居ます。
ですが、職員さんたちはどうやったら
スムーズに利用者さんが生活できるのか
常に考えて実行してくださっています。





事業所に通う利用者さん。
学校に通う利用者さんをの準備を
支援して「行ってらっしゃい」
温かい心で見送っています。





福祉の世界とは血の繋がった
家族に代わり
「かけがえのない家族になる」
最も尊敬すべき方たちです。






今、親の介護で悩んだり迷ったり
している方がいらっしゃいましたら
かけがえのない家族となって下さる方たちを
信じてバトンを預けてみませんか?






無理を重ねると共倒れに
なることもあります。
ご自身を1番大切にしてくださいね。






いってきますの意味




「いってきます」は
「いきます」と「かえってきます」を
合わせた
「必ず帰ってきます」という
約束の言葉



いってらっしゃいは
「いって」と「かえってらっしゃい」を
合わせた
「無事に帰ってきてください」という
祈りの言葉



ただいまは
「いってきます」の約束を果たした言葉



おかえりは
「無事に帰ってきてくれてありがとう」
という感謝の言葉



戦時中、特攻隊員の出陣の挨拶は
「いってきます」ではなく
帰らない決心
『いきます』だった



「いってきます」と言える幸せ
「いってらっしゃい」と言われる
ありがたみを
忘れてはいけないですね。




killtime






皆さまがたくさんの愛と光に
包まれますように☆*:.。.






お読みくださり感謝です☆





世界平和を心より祈ります。






















posted by ゆうみ at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心配無用の母


母が施設に入居し
周囲の方から少しゆっくりした
方がいいですよ。と有難いお言葉を
掛けていただいてますが・・・。






朝の内に昼食と夕食の準備をするのが
習慣になってしまってます。






お弁当の他に朝から
エビチリを作り肉豆腐作り



76FDDAFB-460A-4D2B-9E82-0326A78C6B55.jpg




夕食は食べるだけ 笑




1EBBA10C-B2E6-47E0-B541-EC8AC483E628.jpg






2A01EF79-B98A-4383-8713-9794DC553B09.jpg





母が持って行きたがっていた
ピーナッツみそ




6FC6CB41-ABF9-49BC-A8E1-5CA08AAD9A5B.jpg






(⌒▽⌒) 美味しい アハハ





そして、食後は
母の薬!薬!と慌ててる 笑






( ̄∀ ̄) この習慣いつ抜ける?





朝、4時半起床も変わらずです。
母が寝ている内にボーッと
コーヒー飲むのが至福の時でした
別に早く起きて一人の時間を
確保しなくていいのにシャキーンと
目が覚めます  クククッ





今日、病院から連絡あり
退院時の忘れ物がありますので
取りにいらしてくださいと。
診察券もありましたので、施設に
届けて来ました。






応対に出て下さった職員さん
昨日、母を病院に連れて行って
下さった職員さんでした。





病院、本当に待たされるんです。
受診まで4時間かかります。
わたしの代わりに頭が下がります。







母はいつもあきらかして
「帰る!もう帰る!」
「アンタが薬だけもらって来て!」
「わたしはもういいわ!」







( ̄∀ ̄) 毎月、なだめすかしていました








ところが、ずーっと
職員さんと楽しそうに
お喋りをしていたそうです。






わたしは商業高校を出たの
簿記も持ってるし珠算は1級から
始まり家族の話題になり
私には兄と妹がいるの。
ただ、妹だけは私の頭から消した。
どこかの施設に入っていると
思うんだけど、消したからわからない。





( ̄∀ ̄) 消したんだ・・・。




偶然、叔母と母がエレベーターに
乗り合わせだそうです。
それも2人きり。
お互いに全くわからないそうです。





( ´ ▽ ` ) ホッと胸を撫でおろす。




続きます。











posted by ゆうみ at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする