2022年10月01日

続き

5C2C8958-A755-4227-8D1E-467075E99A84.jpg



警察から電話がきた日から
一気に10日間走り抜けました






甥っ子たちは親の
忌引きは7日間ですのに
勤務先の配慮により
本日それぞれ帰宅しました





多分、亡くなった弟が
走り続けるわたしに
姉ちゃんがぶっ倒れると
足に怪我をさせて
一旦、足止めをしたのではないかと
思っています





なので、こうして
ブログの更新ができます☆







(⌒▽⌒) さて!裏話し







弟が20年前に別れた
元、お嫁さんのSちゃん
今は再婚して幸せな家庭生活を
送っています





( ̄▽ ̄)・・・が・・・。






弟を偲んでとにかく
泣いてくれるんです
骨揚げのときも葬儀のときも
大粒の涙を流して





また、弟の形見に
弟が使っていたハンカチが
欲しいと2枚持っていかれました





その様子をずっと
見ていた娘たち





( ̄▽ ̄) 長女 お母さん!





お父さんが死んだらあんなに
泣いてくれるかい?






( ̄ー ̄) 目薬もってくわ






お父さんの使っていた
ハンカチ持ってってくれるかい?





( ̄ー ̄) 新品ならなんとか





( ̄▽ ̄) 次女 お母さん!







お父さんの葬儀に出席して
くれるかい?







( ̄ー ̄) よんどころのない




用事があって行けん





2人、声を揃えて





( ̄▽ ̄) だと思った!






この疑問をSちゃんに
さりげなく
投げかけてみた






こんなに、悲しんでくれて
弟は幸せだねー。





息子2人に恵まれたのは
あきちゃんと過ごした
結婚生活があったからです






ヽ(;▽;) ドッヒャー!!






わたしなんて
聖母マリアのように
一人で産んだと思ってる





( ;∀;) この差は一体ゼンタイ






(๑>◡<๑) わたし悪魔だ 笑笑







再婚したのは
ほんの5年前
お見合いで結婚したそうです






子供たちが学生生活を
終えるまで
ずっと
シングルマザーで育てあげた






長男は高専高校を
卒業して大手企業





次男は公務員







シングルマザーで
息子2人を育てるのは
並大抵ではない
わたしも経験してるから
よーくわかる






愚痴のひとつでも
こぼしたくなって普通






だがしかし
母親から父親の愚痴や
悪口は一度も聞くこともなく
育ったという2人の息子たち





ヽ(;▽;) ドッヒャー!!






穴があったら埋まりたい





娘たちの冷ややかな目から
逃れたい 笑笑





続きは
改めて更新致します。





皆様がたくさんの
愛と光に包まれますように☆






お読みくださり感謝です。






世界平和を祈ります。

















































posted by ゆうみ at 20:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさかの坂パートII


亡くなった
弟の部屋を片付けていて
一昨日、ペットボトルが
足の小指に落下





(T ^ T) 痛っ!





( ̄▽ ̄) ありえへん






片付けはこの日がラスト!





甥っ子の手前もあり
面目ないラストとならぬよう
シレーッと動き片付け完了 ☆





自宅に帰ってから
痛いのなんの
小指は腫れ上がり真っ黒
足の甲と足裏まで腫れてしまい
(紫のブス色)
痛みで眠れない夜を過ごし





まっ!
湿布と痛み止めあるので
それで直そうと思ってましたら







( ̄ー ̄) 娘たちにたいそう叱られ







観念して昨日
整形外科へ
レントゲン後に診察室へ






( ̄ー ̄) ブス色の足を見て






( ´ ▽ ` ) いい色してるねー。





( ´ ▽ ` ) 小指骨折してますよ






( ´ ▽ ` ) ホレ!ココ!ココ!






( ´ ▽ ` ) 1ヶ月半かかるからね!






ヽ(;▽;) どんだけー!!





足の小指に合わせて
小さな石膏のギブスまで
つけられて固定され
歩きづらいのなんの





B802A18F-9B47-4879-90EC-5F7464ACAA54.jpg





(๑>◡<๑) まさかの坂パートII








(⌒▽⌒) もう直ぐ







紅葉の季節ですから
先に足が色づきました 笑笑







ですが
昨日は月末で
どうしても弟の取引先に
行かねばならん!







(⌒▽⌒) 次女が運転してくれて





挙句に会社が2階なので
上がって説明まで聞いてきて
くれました






(๑>◡<๑) ラッキー!!





何がラッキーなんだか 笑






生きるならポジティブに
生きた方がいい





続きます。






































posted by ゆうみ at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

続き2


初めて入る弟の部屋は
警察の説明通り
本当にキレイにしていて
ビックリしました




20年間暮らしていたと
思えないほど掃除も行き届き
整理整頓された部屋でした






甥っ子2人と話し合い
警察から直接火葬場に向かい
お寺で
家族葬(1日葬)をすることに決めました






甥っ子たちが
うちの母ちゃんが(元お嫁さん)
どうしても出席したいと言ってるんですが
いいですか?





体調が大丈夫ならいいよ







元お嫁さんは大腸癌のステージIII
リンパに転移していて抗がん剤治療中







父親を失い
母親も病気療養中





切ない・・・。




そして
元お嫁さんのSちゃんも
来てくださり






23日
家族13名が見送る中
弟は旅立ちました





6348EB3E-2833-4026-B6A1-0B9122DD53D3.jpg




骨揚げが終わり
皆んなでお寺へ移動





丁度、23日は
死亡推定時刻17日から
初七日にあたりましたので
住職さんが葬儀と初七日も合わせて
法要してくださいました





立派な戒名もいただきました







小さな小さな家族葬でしたが
弟は喜んでくれたと思います






住職さんのはからいで
これから、雪が降ることと
甥っ子たちが地方なので
お天気の良い今日
お墓に納骨いたしました





23DB8A5C-D88E-4D72-BC4B-2B2ACBFAD33B.jpg





弟には言ってやりたいことが
山のようにあります





順番が違うことやウイスキーを
ロックで飲んでいたことや
タバコを吸いすぎていたことや
働き過ぎだったことや
病院が嫌いだったことやetc






でも
寿命だったのかな





息子たちは帰ってしまうよ






君の部屋の後片付けから退去の
立ち合いまでしないとね







自営業だから
死亡したって準確定申告がいるから
1月から9月迄の書類をひっくり
返さないとね







廃業届けも提出しなきゃならないね







君の大きな車はどうする?






姉ちゃんは今
何から手をつけたらいいのか
わからないよ!







ねぇ知ってる?
姉ちゃんの会社9月末決算なんだよ






取り敢えず君を見送ったから
明日は第一発見者の方のところに
お礼に行って来るね







姉ちゃんは君の心労で
唇にヘルペスができたよ
大きな水疱が痛い








マスク生活で良かったわ





とにかく全てが片付くまで
走り続けてあげるよ
だから、安心していいよ!







そのかわり
姉ちゃんがそっちに行ったときは
小さい頃、並んで一緒に食べた
イチゴにヒモのついたアメを
おごってよ!
あっ!マンボも忘れないで!
水アメせんべいもね!






小さい頃
よく走り回って遊んだ
こんぴら神社の境内に座って食べよう






何が起きたのか
わからないほど忙しくて
混乱していて
言葉が見つからないけど







(⌒▽⌒) あき!





姉ちゃん大変だからさ
帰って来て!





それから
節子さんに(母)
言ってないからね!





姉ちゃん言えないから
あきから言ってよ!





親より先に逝くなんて
言えるわけない






( ̄ー ̄) 今は






それどころじゃない









皆様がたくさんの愛と光に
包まれますように ☆
















































































posted by ゆうみ at 21:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続き1


個人が自宅で亡くなると
事件性がないか
検死に時間を要することは
わかっていましたが





弟の場合は通院している
病歴もなく主治医がいないため
検死に時間がかかると
警察から連絡が入りました






早くて22日
三連休が挟まるので
医師の都合上26日になるかも
知れないとのことでした





なので、通常通り
お店を開けていましたら





弟の友人だという方たちが
次々と来訪
既に弟の訃報を知り
姉のわたしがストーンブレスという
お店をやっていると
弟から聞いていたそうで
挨拶に来てくださり
ポロポロと大の男が弟を偲び
涙を流してくださる







( ;∀;) ありがとうございます







葬儀が決まったら連絡くださいと
名刺を置かれていきました







(; ̄O ̄) !! ハッ!葬儀!







甥っ子(弟の息子)たちは
まだ、29歳と23歳です
何もわかるはずがないし
金銭的負担もさせられない






きっと
弟は「姉ちゃん頼むね」と
言っているに決まってます





息子たちと話し合い
わたしが代表で全てを
執り行うことを了承してくれました






警察にも遺族に葬儀場所を
聞いて欲しいと、かなりの
連絡が入っていたそうです






仕事のお仲間や友人の皆様
本当にありがとうございます





叔母が余命を告げられいた為
手配していた葬儀社とお寺に連絡





葬儀社もお寺さんもビックリ
されていました





そりゃそうですよね・・・。





叔母ではなく弟が先だとは・・・。





22日検死の結果が出たと
警察から連絡があり急遽
甥っ子の長男と警察に向かいました
遺体のCT検査の結果





くも膜下出血の突然死でした
携帯の使用などから調べた結果
死亡推定日時は
17日午後23時〜24時の間





CTの画像を見せてくれ
脳の動脈瘤の破裂
死因と倒れていた場所の
詳い説明をされました





横を見ると甥っ子の足が
震えている






倒れたときに頭を強打し
40センチ四方に出血痕が床にあること
発見まで三日間でしたが
腐敗が進んでいるので
対面できないこと
警察署から真っ直ぐに火葬場に
搬送した方がいいと言うこと




男性の1人暮らしだと思えないほど
部屋がキチンとキレイにされていて
几帳面さが伺えたこと






警察署を出たら直ぐに
死亡届けを出して
火葬許可証をもらうこと






一通りの説明を受けて
第一発見者の方の連絡先を聞き
貴重品と検案書を受け取り
警察署を後にしました







警察官に深々と頭を下げていた
甥っ子は精一杯
堪えていたのでしょう






車に乗った途端
貴重品として受け取った
父親の財布をさすりながら
(兄弟でプレゼントした物)
涙が止まらない








親の死は子供への
最後の教育!
だから!がんばれ!







踏ん張って
父ちゃんを見送ってあげよう!







2人で市役所に向かい
甥っ子に死亡届けを書かせた







父ちゃんが、きっと言ってるよ
お前たちの出生届けを書いたのは
父ちゃんなんだから
泣かないでしっかり書けって!






甥っ子が小さくうなづいた






火葬許可証に時間がかかると
言われたので、どこかで休んで
ようかと話していた矢先








警察から電話あり
弟が借りていたビデオの返却日が
今日で、過ぎると延滞料金が高いので
直ぐに返却してくださいと







(; ̄O ̄) こんな事まで




知っていた





事件性がないか部屋の中を
くまなく捜査したんですね






警察ってすごい!!





葬儀社に連絡を入れて23日に
火葬場へのお願いをして
ビデオを返却すべく
弟の部屋へと向かいました





続く



























posted by ゆうみ at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まさかの坂


秋の青空の中



3D67C18B-4417-415F-B8BC-4A894BD55053.jpg
 


弟が亡くなりました
まだ、57歳でした
まさかの坂





20日に
警察から電話が来たとき
既に亡くなっていることを告げられ
頭が真っ白というより
思考力が一時停止・・・。





弟は20年前に離婚
息子が2人
息子たちは元妻の方へ
それから、20年間一人暮らし
仕事は個人事業主







弟が住んでいたマンションに
向かう







弟のマンションに行くのは
初めてなのでナビを設定
人間、動揺するとはこのことだと
思うほど、普段簡単に使っていた
ナビの設定が上手く行かず
車の中で一人アタフタ







マンションが直ぐに分かったのは
警察車両に大勢の人たち
(警察、不動産会社、大家、他)







車から降りて直ぐに
警察官が近寄って来た
わたしを姉と確認したのち
説明を受けた







告げられたのは
先ずは亡くなっていること
第一発見者の存在
新聞の溜まり具合から
多分、死後3日経過していること
遺体に損傷があり、今は対面できないこと
本人で間違いないと確認出来ているのは
持参していた免許証で確認出来たこと







病死か事故死、事件性も含めて
これから、調べるので遺体は警察署へ
また、部屋にも入ることは出来ない
貴重品、部屋の鍵、車の鍵、携帯などは
警察預かりとなることを矢継ぎに
告げられた
弟さんに最後に会った日は?





わたしの携帯を開き
弟とのラインを読み直す
8月12日です





息子さんが2人居ると聞いております
息子さんへの連絡もお願い致します





では、遺体を警察署に搬送しますが
よろしいでしょうか?





わたしの口から思わず出た言葉
「弟は自殺でしょうか?」




今の状況から推測すると
自殺ではありません





その言葉でヘナヘナと
腰が抜けた状態でその場で
しゃがみ込んでしまった
自殺かも知れないと思っていたので





それから
不動産会社の方から経緯を聞きました
弟が20年前にマンションを契約した時の
保証人が(わたしの元夫)
元夫から→長女→わたしの連絡先へと
たどり着いたこと





三連休明け、仕事現場に現れないことを
不審に思った仕事仲間がマンションを
訪ねてくれ、郵便ポストから覗くと
新聞も溜まり
倒れている姿が確認でき
不動産会社に連絡が入り
合鍵にて部屋へ
救急車を呼びましたが
既に亡くなっているとのことで
警察が来ました





今後については家賃の振り込みなども
確認して退去日を決めていくとのこと
でした





この日は 
お陰様で20日(火)
定休日でした





娘たちは仕事をしていましたので
先ずは弟の子供たちに連絡を取りたい
毎年、年末は必ず弟と甥っ子(息子)
2人は我が家で年越しをしていましたが
携帯番号やライン交換をしたこともなく







昔、登録した
携帯番号は変わっていて
現在使われていませんコール








甥っ子たちの母親(元嫁)の実家
古い記憶を遡り旧姓の名字を思い出し
Googleで検索して数件リストアップ
片っ端からの電話作戦








お陰様で見つかり実家で
携帯番号を聞いて電話
ところが、知らない番号なので出ない
娘がショートメールで私だと入れた途端に
元お嫁さんから
電話が鳴り息子たちに連絡を取って
くれました




優しい元お嫁さんは
電話口で泣きじゃくっていました







長男は千葉、次男は札幌
向かってくれるとのことで
一安心







ですが、ここからが大変で
わたしの電話が鳴り止まない






慌ただしい
1日目の始まりでした






続く



















posted by ゆうみ at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする